”ブライダル・プロデューサー”として活躍する彩乃のひとりごと。


by futari_jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ブーケ( 4 )

町はクリスマス一色!

もう11月もあと数日、町はクリスマスムード一色になってきました。

彩乃は、このクリスマスが近づく時期の町中が素敵な雰囲気の
時に、めずらしく何年かぶりに風邪をひいてしまいました。

クリスマスムードの中で、ブライダルのお勉強になるのは
町の飾りやイルミネーション、お花のコーディネートです。

今日、打ち合わせでおじゃましたのはお客さまのご自宅。このご自宅は
誰もが憧れる高層マンションの1室。
窓からはピンと張り詰めた、冬の冷たい空気のはるか遠くに山並みが
うっすら雪をかぶってはっきりクッキリ!と見渡せるのです。

ここのご家族はとにかくおしゃれ!

びっくりしたのはテーブルのデコレーションでした。
生花かと思えるような、素敵なお花のコーディネート!
造花(アートフラワー)だったことにビックリしたのは、言うまでもありません。

最近では、ブーケや装花が時々アートフラワーで製作されます。
アートフラワーの質感は、生花に見劣りしないほど鮮やかで自然。

ブーケをアートフラワーで作るときには、ナチュラル感もほぼ変わらず
新鮮さもそのまま。みずみずしさまで保ち、なおかつ持ちが良い!
こんなアートフラワーたちは、最近では種類も大変多く写真映りも
ものすごく良くて、花嫁さんたちにはひそかに人気上昇中!です。
[PR]
by futari_jp | 2008-11-26 22:50 | ブーケ

ブーケ と リボン

お花屋さんに、この時期に打ち合わせでお伺いすると、
クリスマス・カラーの店内とウエディングの出荷ラッシュに
なっている感じがいたします。

彩乃のお客さまは、最近実際のお花をきちんとご覧になって
ご納得の上、ブーケや装花をお選びになられる方も少なく
ありません。

これは?
もしかして??
お花の種類やイメージが分かりすぎるのか?全く想像できて
いないか?
この、どちらかのケースのようです。

彩乃は比較的、フラワーコーディネーター泣かせかも!?
しれません。なぜか?というと、こんな感じで~!とか
センスに任せます!とか、言ってしまうからです。
彩乃のセンスよりも、フラワーコーディネーターさんの熟練された
センスの方が、とても安心!

でも、彩乃のお願いはいつも抽象的なようです。(反省・・・)

しかし、今日のブーケのオーダーはフラワーコーディネーターさんと
ご新婦さまと、彩乃の息はピッタリな感じです。

どんな素敵なリボンを付けて、クラッチブーケが出来上がるか?
今から、とても楽しみです。
ブーケにリボンを目立つように、あえて使うこと。何だかモードっぽくて
最近の彩乃のマイ・ブームです。
[PR]
by futari_jp | 2008-11-08 23:12 | ブーケ

個性的・・・

彩乃はこのブライダルのお仕事を始めてから、今まで一度も
悩んだことにない壁に、初めてブチ当たりました。

何かというと・・・
それは、ブーケです。

実は、彩乃のお客さま。

ここ最近、この春から来年の春の挙式の方まで、彩乃の営業力か?
彩乃が本気で大好きなのか?

桂 由美 先生 の 真っ赤なカラー・ドレスが連続で選ばれるのです。

この真っ赤なドレスは、彩乃にとって本当に大好きなデザインで大好き
な色なのですが、お選びになられるお客さまが何名かいらっしゃるのに
全員、全くタイプが違うご新婦さま。

選ぶドレスは、同じなのに・・・、お持ちになりたいブーケは全く違う
デザインがお好みで、彩乃がセンスないのかしら?

と、ふと悩むくらい様々な展開をするのです。

でも、これは彩乃のセンスというよりは、ご新婦さまそれぞれの性格や個性!
ということに気づき、少しホっとしました。


同じドレスをお選びになられても、お選びになるブーケの色や形で全く違った
表現ができる。
そんな個性的なドレスだからこそ、個性的なお客さまが好み。
素敵にみなさま、着こなされるのかしら。思わず、フラワーデザイナーさんに
かなりのお知恵を頂き、久しぶりに悩んだドレス・ブーケでした。
[PR]
by futari_jp | 2008-10-06 23:54 | ブーケ
婚礼シーズン!真っ只中。
彩乃の毎日は興奮と感動!喜びと寂しさの繰り返しです。

つい先日のお客さまのブーケのお話をここで2つ。

まずは、ブーケプルズってみなさんご存知でしょうか?
彩乃のお客さまも、このプルズに挑戦!
ご要望は、10名のお友達にリボンをお渡しして
引いてもらう事。ここまでなら、彩乃もバッチリ!

ところが、この花嫁さんとてもかわいくて。
1人の人への幸せのおすそわけではなく、より多くの人に
ブーケをお渡ししたい!
という思いがありました。ここで、彩乃のいつもの「よし、やって
みよう!」という思いが湧いてきて、カクテルドレス用のかわいい
生花のブーケを花嫁さんが持っていらっしゃるときには1つに
見えて、ブーケプルズ本番!3つになる構造を考えました。

会場からどよめきがあり、みなさん!ビックリ。
やっぱり、彩乃はサプライズが大好き。

そして、もう1つ
この花嫁さんのご披露宴では、ブーケプレゼントを考えていました。
ふと、この流れを考えたときに、ご披露宴にいらっしゃるご友人の
どなたかに?
と通常は考えたりするのですが、彼女は今日の日までとても仲良く
ずっと一緒に暮らし、何でも相談しあったり、協力しあったりする
かわいい妹さんがいました。

ご披露宴の中では、お渡しすることが出来ませんでしたが、
おひらき後、妹さんにブーケをお渡しした時の妹さんの最高の笑顔!
なんだか輝いていて、とても素敵でした。

次の幸せものは、きっと妹さんだと確信しました!
[PR]
by futari_jp | 2007-11-20 21:45 | ブーケ