”ブライダル・プロデューサー”として活躍する彩乃のひとりごと。


by futari_jp
カレンダー

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

赤い、色打かけ

いいなぁ、若いって!
とても、愛らしく可愛い!
そして、赤い色打かけがとてもお似合いの花嫁さん。

最近、とても黒の打かけが多かったのですが、
沢尻エリカさまは、真っ白を基本にしたゴールド。と内側が赤
そして、彩乃のお客さまはやっぱり赤が素敵。

お母様にも、ご満足頂けて本当に良かったです。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-23 19:35 | ウエディング・ドレス

彩乃の初体験 6

さてさて、この初体験物語はどこまで続くのでしょうか?

と、思いながらお読みいただいている読者の皆さま。
ここからが本番です!

いよいよ、シンガポールからフェリーターミナルに向かい
豪華クルーズの旅の始まりです。
彩乃の会社のハネムーナーの皆さまは、クルーズをご希望
なさる方が非常に多くいらっしゃいます。

なのに・・・、彩乃は今まで一度もクルーズに乗船したことなんて
ありませんでした。
とにかくクルーズ船は、第一印象はやたら大きい!
事に驚きました。本当に冗談抜きで海上を移動するホテルという
ことばがピッタリです。

ここから、3泊4日の彩乃の本当の初体験の始まりです。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-22 23:27 | ハネムーン

彩乃の初体験 5

4から、少し間が空きましたが・・・。
シンガポール、マレーシアの続きです。

マンダリンホテルをチェックアウトし、シンガポールの“プラナカン”という
最近の有名な言葉。の美術館。
何か?不思議な空間でした。
プラナカンの結婚のコーナーは、全てがパステル調でかわいく素敵
でした。
この頃のプラナカンと呼ばれる人種の方は、15歳くらいで相手のお顔も
分からず、生年月日などの数秘でお相手を決定して頂き結婚をするそう
です。
挙式当日まで、相手のお顔が分からない・・・。
なんて、今の時代では考えられません。

そして、あやしげなランチタイムでした・・・。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-21 17:35 | ハネムーン

差出人

最近のお客さまによって、ご招待状の差出人様が様々です

お2人のお名前だったり、ご両親様のお名前だったり
いまや招待状の種類もデザインも本当に多種多様の展開。
とてもラブリーのものから、真っ黒な今までには考える事が
出来ないような、シックでスタイリッシュなもの、立体的なもの

10年ほど前?までは和紙で縦書き。
今はこのような招待状は、ほぼ見ません。

いろいろな面で、個性が重視されオリジナルが目立つ時代。

こういう時代だから、といっても
池尻 エリカさまのように、シックで古風な和婚。昔ながらの雰囲気
でも、頭のお飾りのカサブランカ!これぞ、って感じです。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-20 19:08 | ペパーアイテム

婚約指輪

そろそろ、お正月が終わりご両親さまや周りの方への結婚報告
も順調に済まされたお客さま。

さて次は、結納!?
と、いっても残念ながら近頃は結納って何?
という方が増えてしまいました・・・。

そこで、結納というよりはエンゲージリングのみのお客さまが多く
いらっしゃいます。

エンゲージリングが、なぜプラチナか?
お石は、なぜダイヤモンドか?

皆さん、お考えになられた事はありますか?
[PR]
by futari_jp | 2009-01-19 21:44 | 指輪

最初から。

今日は朝から張り切って、お客さまのお衣裳選びに出かけた
彩乃と雪乃ちゃん。

5月挙式のお客さまなので、そろそろお衣裳を決定しなきゃ!
と、気合たっぷり!

意外と、和装の思い通りの素敵な赤いオーガンジーが見つかり
最初はご新婦さまも、「なんだか、おひなさま。みたいじゃない
ですか?」と、気にされていましたが、だんだんお気に召した
ご様子。
続いて、白のウエディングドレスをご試着。
こちらは、ほぼ順調にご新婦さまのご希望の形やデザインが見つかり
ご満足そう。
そして、ご新郎様のタキシードや紋付もほぼ順調に決定!

と、このとき。彩乃のタイムリミット!
次の打ち合わせに走らなきゃ!の時間になり、彩乃やお客様と雪乃
ちゃんをおいて、次の会場でダッシュ!


そして、次のお客さまとは、ホテルのブライダルフェアーをご一緒させて
頂きながら、お衣裳選びをしたりお料理の試食をしたり、引出物を
見たり。と過していました。
そこで、彩乃にご新郎様から。
会場を選ぶ前から、彩乃さんに出会っているといろいろな事がスムーズ
に運びますね。
と、この一言が彩乃にとっては何よりも嬉しいのです。

会場選びによって、結婚式やご披露宴の全体像が全て変わってしまい
ます。
どの会場を選ぶか?どの担当者につくか?
これによって、あまりに差がついてしまうのが現実。

結婚を考え始めたお2人様、早く彩乃と雪乃ちゃんを見つけて下さいね。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-18 20:48 | 会場、式場選び

幸せの瞬間

今日は、彩乃の初体験報告は少しお休みいたします。

彩乃のお客さまの中で、この春挙式の新婦さまたちの最近の
話題は、なぜか共通です。
もちろん、皆さんそれぞれの思いがあまりに偶然一致している
という事なのですが・・・。

と言いますのは、“ダイエット!”
年末年始の休暇や気分的に、やっともとの生活のリズムに戻り
ふと、あれ?!
と、ご自身の事をじっくり振り返り始めるのがちょうど世の中の
成人式の頃です。
彩乃は、その頃マレーシアでしたが・・・。

もちろん・・・、ご新郎様が「そのままで、大丈夫だよ。」
とか、「そのままの君が、いいんだよ。」  とおっしゃって頂いている、
とても幸せなご新婦様も、たくさんたくさんいらっしゃいます。

そして、彩乃のところには!ご新婦さまから、年末までに楽しくお選びに
なられたドレス。
「キレイに着れるでしょうか?」
という悩みのお声を、よく耳にいたします。「大丈夫ですよ。」と、
申し上げたいところですが、そのような新婦様ばかりでないのが、
少しツライところです。

お正月、ちょっぴり気を抜いてしまったご新婦様、まだまだ間に合い
ます。今から“美人花嫁”を目指して、頑張りましょう!

ご新郎様の、お優しいお言葉が一番の幸せの瞬間。という事、とてもよく
分かります。
その幸せのプラスαが、ゲストの方たちに「キレイね~!」と絶賛される事
だということを、忘れないで下さいね。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-17 21:30 | ウエディング・ドレス

彩乃の初体験 4

さわやかな朝、心地よいベッドと離れたくない感覚。
でしたが、彩乃は お仕事でここに来ている!と、ふと
我に返り、1日の始まりの準備をしました。
大きな窓からは、マーライオンがお水を豪快に吐き出して
いました。

朝食からミーティング。
ビュッフェスタイルの朝食ですが、とてもおいしくて。
あと、ホテルからのまたおもてなし!朝から様々なお料理が
続々と運ばれてきてビックリ!

そして、マンダリン・ホテルの中を視察。
お部屋のカテゴリーもいろいろあって、とても楽しく。
お勉強になりました。シンガポールF1の時に、実際に宿泊して
お部屋から見学したいです。


ここから、いよいよもっともっと 彩乃の初体験!
[PR]
by futari_jp | 2009-01-16 17:27 | ハネムーン

彩乃の初体験 3

続いて、初体験レポートです。

シンガポールの旧正月をお祝いする鮮やかで華やかな雰囲気は
きっと、中国関係の地区の独特なものだと思いますが
とにかく、鮮やかで赤がいっぱい!

そして、日本の年末に近い感じで人々の活気がすごかったです。

ホテルに戻り、ホッと一息。
ここでまた、マンダリンホテルさまからの中国茶のおもてなし!

おいしい~!
[PR]
by futari_jp | 2009-01-15 17:18 | ハネムーン

彩乃の初体験 2

読者のみなさま、ごめんなさい。昨日から当分この出張のお話
が続きますが・・・、ぜひハネムーンの参考に彩乃にお付き合い
下さい。

さて、夕方からシンガポール・スリングを味わい大満足な彩乃。
このバーから宿泊先のマンダリン・ホテルまでは徒歩10分弱。
帰りは巨大なショッピング・モールをいろいろと見ながらのんびり
歩いて戻りました。

そして、ここから全国から集まっていらっしゃった研修を受講なさる
皆さまと合流しまして、お夕食の中華レストランへ。
1日めの中華レストランは、かなり老舗だったらしい。
だけど、建物にはよく見ると古い良さは残っていましたが、古くても
とてもキレイなレストランでした。

さて、ここで彩乃の初体験!ビックリした事が起きました!
といっても、このビックリはきっと彩乃だけじゃなかったはず。

シンガポールは、中国と同じで年が変わるお祝いよりも“旧正月”を
盛大にお祝いする街です。
そこで、中華のフルコースの最初に出てきたのは・・・
春雨?何これ?
状態のもの、その周りには様々な食材が並べられていました。
そして、レストランの女性スタッフがテーブルの前に立ちました。
何が始まるのかな?
女性スタッフの方は、1つずつ食材を春雨?のようなものの中に入れて
いきました。
だんだん、味が付いていく感じかな?と思いながらジッと見ていると
どんどん食材で、盛り上がりました。
一通り、食材を乗せ終わったところで全員でテーブルの周りに立って
下さい。と・・・。
え!いったい何が始まるのかしら?
みんなで自分の箸を持ち、春雨?のようなモノの上にのった食材を全員で
それぞれのお箸で混ぜながら、上に向かって持ち上げ混ぜる。
何と表現していいのか?分かりませんが、お箸で混ぜる!高く投げる?
混ぜる!?見る見るうちにテーブルの上がぐちゃぐちゃに・・・・。

でも、これシンガポールでは旧正月を迎えるにあたり各家庭でも実際に
ある光景との事。この前菜?は、幸せを運んできてくれるお料理だった
らしいです。
本当にビックリ!でした。

その後はチャイナタウンで、旧正月の賑やかな雰囲気を歩きながら味わい
バスで移動する時も車窓から、キレイなライトアップを眺めながらの移動。
マーライオンのそばにも行きました。

こんな、楽しくあまり体験出来ない夜はすごいです。

彩乃の研修日誌は、まだまだレポート続きます。
[PR]
by futari_jp | 2009-01-14 16:41 | ハネムーン